FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

万事屋の金さんの事件簿

オンラインゲームトリックスターの日記を主に書いています。

 

もう一つのトリックスター(小説)その11 

「手紙……
 持ってきたぞ……」


座来栖は、ぶっきらぼうにエリザベスに手紙を渡す。


「ありがとうな!
 これは、報酬や!」


エリザベスは、そう言ってタコの帽子を座来栖に渡した。


「ダサいな……」


座来栖は、ため息をついた。


「あ、どさくさで忘れとったけど、骸ちゃんにもこのタコ帽子Neoをプレゼントや♪♪」


エリザベスは、骸にもタコの帽子を渡した。


「あ、ありがとうな……」


骸は、作り笑いを浮かべてそれを受け取った。


丁度、その頃、1人の少年が、コーラルビーチに船で到着した。
少年の名前は、亜金。
骸より1歳年下の義理の弟。


亜金は、小さくため息をついた。


「はぁ……
 姉さん、ホッキョクグマを見るために北極に行ったんじゃないのかよ……」


亜金が、小さくつぶやく。
するとさっきまで亜金に背負われていた剣が、少女の姿に変わる。


「親父殿の最後の言いつけだ。
 きちんと聞くのだぞ!」


少女は、亜金の耳元でそっと呟く。
少女の名前は、プレゲトン。
研究者である亜金の父親が、亜金に残した遺品の一つ。
インテリジェンスソードのプレゲトン(炎の河)。


「おい、そこの初心者!」


亜金は、狐のコスプレをした少女に話しかける。
尻尾が7つあった。


「あの……
 何か用ですか??」


亜金は、警戒しながら少女に尋ねる。


「ここは、カバリア大陸!
 動物のコスプレをするのが、この大陸の掟だ……」

「え?
 そうなの?
 プレゲトン知ってた?」


亜金が、そう言うとプレゲトンは、既に羊の角を頭につけていた。


「メー」

「……プレゲトン、順応性高いね」

「亜金も何かコスプレをした方がいいぞ?」

「……うーん」


亜金が、困っていると少女が、ニッコリと笑う。


「なんのコスプレにするか迷っているのなら、この船の億にコスプレの貸し出しをしているところがあるから、そこに行くといいぞ!」

「あ、はい……
 ありがとうございます」


亜金は、軽く会釈して船の奥へと向かった。


--


「うわー。
 色んな衣装があるね……」


亜金のテンションが少し上がる。
アニメやゲームが、好きな亜金にとってこの空間は、興味をそそる場所でもあった。


「プレゲトンは、どうして羊にしたの?」

「うむ……
 私は、火と闇の魔法を使うからな。
 この大陸では、この魔法が使えるジョブをセイレーンと呼ぶらしい。
 セイレーンは、羊らしい」

「へぇー。
 じゃ、剣が使えるジョブの動物、なんなの?
 牛とかアライグマとかあるが……
 亜金の場合は、魔法剣だからな。
 残念ながら、魔法剣は、この大陸には存在していない。
 つまり、お前がジョブを作るんだ……」


プレゲトンが、そう言うと亜金はため息をつく。


「えー。
 ジョブの開発とかゲームで言うとチート行為になるんじゃないの?」

「その点は、大丈夫だ。
 亜金は、ゲームマスターにその権限を貰っているだろう?
 それに、この世界は、ゲームの世界じゃない現実だ……
 私の魔法に制限はあるが、亜金の技に制限はない。
 胸を張って喜ぶがいい」

「うーん。
 じゃ、俺はこの鳥にしようかな……
 空を羽ばたきたいし……」

「トキか……
 いいんじゃないか?」


先ほどの少女が、亜金の後ろから声をかけた。


「うわ!
 びっくりした!」


亜金が、思わず声をあげてしまった。


「何をそんなに驚くことがある?」

「だって、もういないかと思ったから……」

「あー。
 実は、私は、お前の父親に頼まれてお前の護衛を頼まれたんだ。
 本当は、こっそり護衛する予定だったが、コソコソするのは、嫌いでな……」

「そ、そうですか……
 もしかして、ずっとついてくるつもりですか?」

「ああ、地獄の果てならついて行ってやろう。
 お前の父親からは前払いでかなり貰ったからな。
 それ相応の仕事をしようではないか……」

「そっか……
 えっと、俺は貴方のことを何と呼べばいいですか?」

「私か?
 私の名前は、玉藻だ。
 万事屋の玉藻だ。よろしくな」

「うん……
 よろしく、玉藻さん」

「呼び捨てでいいぞ。
 お前と私は同じ年だからな!」

「わかった。
 よろしく、玉藻」


亜金は、苦笑いを浮かべると玉藻と握手した。
スポンサーサイト



Category: もう一つのトリックスター(小説)

Thread: トリックスター

Janre: オンラインゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nekonadeya.blog106.fc2.com/tb.php/34-782f75b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)