FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

万事屋の金さんの事件簿

オンラインゲームトリックスターの日記を主に書いています。

 

もう一つのトリックスター(小説)その15 

するとシロが、クスクス笑う。


「ねぇ、今の聞いた?」


クロが、クスクス笑う。


「聞いた聞いた。
 まるで、この世界をすべて知ってるみたいなモノ言いだよね」


バッファローは、剣を構える。


「もう一度聞く、女子高生だよな?」


するとシロとクロが同時にその質問に答える。


「女子高生なのは、姿と職業だけ」

「どういう意味だ?」

「私は、シロ……
 魔力極のチャンピョン」


シロが、そう言ってくるりと回転する。


「私は、クロ。
 攻撃極のデュエリスト」


クロも、そう言ってくるりと回転する。


「私たち、カンスト組の双子兎」


シロとクロが同時に声を合わせて手をつないで言った。


「敵……
 じゃないんだな?」


バッファローは、シロとクロを睨む。


「私たちは、ただの噂好きの双子兎。
 時の巡礼者を見たくてやってきた、ただの噂好きの双子兎」


シロとクロは、嬉しそうに笑う。


「時の巡礼者って、なんや?」


骸は、2人に尋ねる。


「それは、貴方」


シロが答え、クロが続ける。


「だけど、違う」

「どういうことや?」

「時の巡礼者……
 その1人は、貴方の弟」

「亜金か!?
 亜金もこの大陸に来ているんか?」

「時の巡礼者は、必ずこの大陸にやってくる」


2人は、声を合わせて骸の質問に答えていく。


「そんな訳、あらへん!
 アイツは、亜金は、弱い子なんや!」

「それでも、巡り巡られ巡り会う」

「答えになってへん!」

「私たちは、ただの噂好きの双子兎。
 噂になりそうだから、貴方を助けた。
 それ以上でもそれ以下でもない……」

「亜金は、何処にいるんや?」

「今、コーラルビーチにいる」


クロが答える。


「わかった!
 今すぐ向かう!」


骸は、ハンマーを持つと走ってマリンデザートを出た。
スポンサーサイト



Category: 万事屋の金さんのお遊戯(トリスタ)

Thread: トリックスター

Janre: オンラインゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nekonadeya.blog106.fc2.com/tb.php/40-8e4eaa18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)