FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

万事屋の金さんの事件簿

オンラインゲームトリックスターの日記を主に書いています。

 

もう一つのトリックスター(小説)36 

亜金は、大きく息を吸い込むと剣に魔力を込める。
そしてプレゲトンを炎に当てる。
すると炎は、プレゲトンに吸い込まれるように消えていく。


「亜金……」


プレゲトンが、小さな声で呟く。


「どうしたの?」

「この炎、まずい……」

「不味い?
 そんな我がまま言わないで食べてよ。
 プレゲトンが、吸収するって言ったんじゃん」

「そっちの“不味い”じゃない。
 この炎ヤバいぞ」

「ヤバい?」


亜金は、首を傾げる。


「ああ!
 勘が悪い奴だな……
 この炎、魔力ではない人工的な何かが込められている。
 しかも、普通の水では消えない炎だ……」

「そうなの?」

「ああ。
 とっても臭い……」


プレゲトンが、ため息を着く。


「吸収できそう?」

「ああ……
 なんとか……」


プレゲトンは、苦しそうに言った。


「無理そうならやめとこうよ」

「大丈夫だ。
 私は、どんな炎も消化する。
 亜金は、気合を入れて私に魔力を送ってくれ」

「……うん」


亜金は、弱々しく頷くとプレゲトンに魔力を送った。


「私は、何をしたらいい?」


玉藻が、プレゲトンに尋ねる。


「玉藻は、逃げ遅れている人がいたら助けてやってくれ」

「わかった」


玉藻は、頷くとその場を離れ付近の捜索を始めた。


「亜金は、優しいな……」


亜金と2人きりになったプレゲトンは、小さな声で言った。


「え?」

「だが、それは命取りになることもあるからな……
 気を付けろ」

「……うん」


亜金は、泣きそうな声で頷いた。
スポンサーサイト



Category: もう一つのトリックスター(小説)

Thread: トリックスター

Janre: オンラインゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nekonadeya.blog106.fc2.com/tb.php/72-b707596b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)